ブルーベリー農園 たつの
埼玉県久喜市のブルーベリー農園

農園について

 

埼玉県久喜市で営業しているブルーベリー農園です。

当農園では現在約400本、24種類のブルーベリーを栽培しています。

近い将来、観光農園としてオープンする予定ですが、現在はブルーベリーの販売のみを行っています。

「大粒で甘くてコクのある」極上のブルーベリー

養液栽培システムによって、生育が早く、高品質なブルーベリーを生産することが出来るようになりました。

コンピュータ制御による「決まった時間に決まった量」の養液が自動供給され、ポット栽培により供給された養液を最大限取り入れることができるようになり、さらに適切な日光を取り入れることのできる環境で育ったブルーベリーは非常に甘くおいしくなりました。

一般的にブルーベリーは「小粒で酸っぱい」というイメージが強いと思いますが、
当園で栽培したブルーベリーはそんなイメージとは真逆の「大粒で甘くてコクのある」ものです。

養液培養システムによる栽培

農園では「養液栽培システム」を構築してブルーベリーを栽培しています。
養液栽培システムとは、以下の3つの仕組みを組み合わせたものです。

養液培養システムとは
  1. ポット栽培
  2. ITを利用した養液の自動供給
  3. 太陽光を利用した発電と、適切な日照

ポット栽培

排水性、通気性、保水性を兼ね備えた「人口培地(アクアフォーム)」を大きなポットに入れて栽培しています。

ITを利用した養液の自動供給

コンピュータ制御で、1日数回、決まった時間に自動で養液がすべてのブルーベリーの木に供給されます。

決まった時間に決まった量の養液を供給されたブルーベリーは大粒で甘く育ちます。

太陽光を利用した発電と、適切な日照

農地を利用して太陽光発電と営農を同時に進めています。

また、天井の太陽光パネルが直射日光を25%程度遮光し、ブルーベリーの育成に最適な量の光が当たる設計になっています。

ブルーベリーのご購入について

現在、今年(2019年)のブルーベリーを販売しております。

ご購入をご希望される方は以下のお問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせも以下のページからお願い致します。

お問い合わせページ